会員専用ページ
ログイン
新規会員登録はこちら
商品カテゴリ
こんなときに(症例)
メルマガ登録
ショップ紹介
動物の健康としあわせを追求する プラセンタ製薬です。
当店にお越しいただきましたお客様は、犬や猫、小動物、爬虫類から金魚にいたるまで、大切な家族として元気でいてほしいと望んでいらっしゃることと存じます。
弊社も同じ想いでございます。ご家族の一員であるペットと末長く幸せな生活をおくって頂く事を強く願い、 完全栄養食と呼ばれる「プラセンタ」を用いた健康食品サプリメントを皆様にお届けして参りたいと考えております。
また、飼い主様はもとより、ご高齢者様、疲れやすい方、肌美容をお望みの方にも、自然の力で体調を整え健やかにお過ごし頂きたいと願いプラセンタ・サプリメントを製造販売しております。
ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。
【プラセンタ製薬株式会社】
TEL:03-5944-1831
FAX:03-5944-1832
MAil:shop@placenta-pharma.com
オフィシャルサイトはコチラから 営業日について
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
赤字:定休日になります。 発送はお休みですが、電話等でのお問合せは対応致します。
rss atom


ペットとプラセンタ

 

新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高めてくれるプラセンタ!

プラセンタに含まれる栄養素で身体本来の自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にする作用があります。

ペットの皮膚疾患

プラセンタは、老犬猫の老化防止、細胞の活性化に、若く元気なペットの病気予防、健康補助として、 さまざまな身体トラブルでお悩みの犬や猫、小動物におすすめしたいサプリメントです。

獣医師の先生によると、特に腸粘膜、内臓の病気、慢性腎不全でも毛艶が悪くなりますので、毛艶については健康の指標(バロメーター)になっているそうです。

プラセンタを使用して、一番手応えが有るのは老犬・老猫です。
プラセンタを食べることで、特に老犬・老猫は毛艶が良くなるといわれます。
いわゆる「休眠している細胞を蘇らせる」という感覚に近いものが有ります。
プラセンタは、損傷した細胞に元気を与えるともいわれています。

 

完全栄養と呼ばれる、プラセンタ。

プラセンタ「placenta」とは、英語で「胎盤」という意味です。
胎盤は胎児の発育成長に不可欠なもので、単なる栄養成分だけでなく、
細胞の分裂を適切にコントロールする成分「成長因子」(グロース・ファクター)が
含まれています。胎盤には、生命の維持に必要なあらゆる物質が含まれていると
されており、胎盤抽出物であるプラセンタエキスは、各種アミノ酸やビタミン・
ミネラルなどを豊富に含んだ、完全栄養と呼ばれています。プラセンタは、
身体本来の自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にする作用に注目され、
人間のための健康補助食品として生まれたものです。

大切な家族だから、ペットにもアンチエイジング。

人にも寿命があるように、ペットにも寿命はあります。
人が日々の暮らしを、少しでも長く元気に過したいと思うように、
もの言わぬペット達の気持ちも同じはずです。
「大切な家族だから、ペットにもアンチエイジングでいて欲しい!」
そんな、当たり前の思いから、欧米では、早い時期から、ペット用サプリを
自分のペットに与えてきました。医療の世界で、今やスタンダードになり
つつある「予防医療」の考え方が、日本でも、最近になって、
動物病院にも浸透し始めてきました。

老化速度を遅くさせる、プラセンタ。。

多くの動物は、生まれてから1歳半くらいまでに細胞は増殖し、
ピークを迎えます。
その後、ゆるやかに減退し、徐々に老化現象が始まります。
プラセンタは、身体のさまざまな部位に対して、細胞分裂が必要である老化
細胞や、損傷を受けた細胞から新しい細胞を増殖させる働きがある
と考えられています。
プラセンタを摂取することにより細胞が活性化され老化を遅らせるとことができるのです。

動物の一生におけるプラセンタのはたらき

プラセンタ・・・精子と卵子が出会い、小さな生命(いのち)が生まれます。
その生命(いのち)を守り育てるために子宮の中に「神秘の臓器」プラセンタ(胎盤)が形成されます。
その生命(いのち)は、わずか10ヶ月で約3kgの赤ちゃんに成長します。

これはプラセンタ(胎盤)の働きによるところが大きく、プラセンタ(胎盤)にはそれだけ豊富な栄養分が含まれているということがわかります。

妊娠することで臨時的に作られるプラセンタ(胎盤)は出産を終えると同時に体外へ排出され役目を終えます。
通常は捨ててしまっていたプラセンタ(胎盤)ですが、哺乳類の中で出産後に胎盤を捨ててしまうのは人間だけなのです。人間以外の哺乳類は、出産後に母親が体力を回復させ、母乳の分泌を促進させるために胎盤を食べます。

人間以外の動物は本能的にプラセンタ(胎盤)に豊富な栄養素(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・酵素・核酸など)が非常に多く含まれている栄養の宝庫であることを知っているのです。